• TRUNK(EVENT)
  • TRUNK(STORE)
  • TRUNK(BAR)
  • TRUNK(KITCHEN)
  • TRUNK(KUSHI)

03-5775-5822

PRODUCE BY TRUNKTRUNK

PROLOGUE

“ Shift in perspectives ”

「豊かさ」に対する価値観の変化
経済成長がスピード感を失う中で、豊かさは多様化しています。

加速するデジタル化したコミュニケーションの進化の中で、本来大切にされるべき価値観が改めて注目されています。
この新しい潮流は、自分たちが消費するものや、自身の生き方そのものの本質を強く追求することから始まっています。
口に入れたり、身に付けたりするものがどこで作られ、どこからやってきたのかを考えよう、社会的責任に重きを置く企業を支持しよう、必要以上の「よりたくさん」という消費活動と決別しよう、誰でも手に入れることのできるモノよりも、自分がより強いつながりを感じるものを重視し、たとえば、素材・食材から製造・生産といったつくる過程においても地元にこだわったり、作り手の想いのこもった職人技を活かした商品を選択しよう、など新しいモノの見方や価値基準が生まれてきています。

また、生き方についても、終身雇用・定住・安定が求められがちな中で、UIターンで地方に移住し、自分らしく生きて行く、そしてその生き方そのものが何かに役立つという本質を追求していく価値を選択する人も多く生まれてきています。
言い換えれば、消費行動や生き方をもたらす価値観が、ラグジュアリー・冨や贅沢から社会的責任、共感や本質などを重視する傾向に変わってきていることが言えます。

このような新潮流は、リーマンショック後、世界で巻き起こり日本では2011年3月、東日本大震災以降、急速に進んできたと考えています。
自分だけが買いだめすると他の人に迷惑がかかる、みんなで協力して節電をしないと停電になる、自分の消費の一部が被災者の義援金に回る、といった事実が多くの人たちに「絆」あるいは「つながり」を強く感じさせ、「つながるための消費」や本当に必要なモノだけを使い切る生活へのシフトが起こり始めています。
また、この震災を受けて、多くの人々が自分の生き方、大切なものや本質を改めて考えるきっかけになったとも言えます。

そして、震災後の世論調査では、8割近い人々から今後「人との出会いやつながりを大事にしていきたい」「思いやり・助け合い精神で他者へ貢献・支援したい」という声が結果として出ており、自分の消費や生き方を通じて、誰かのために 何かのために 社会と「つながる価値」を大切にするという変化が起こっています。
上記のように、人々が大切にする豊かさが変化してきている中で、大量生産・大量消費から生まれる価格破壊、利便性、利益追求だけを追い求める企業やビジネスのあり方にも新たな価値を提供すべき”変化”が求められている時代と言えるのではないでしょうか。

Wealth takes many forms these days as the economy is slowing. We are re-assessing what should be valued in a world where communication itself is evolving everyday. This new trend stems from asking ourselves the question of how we want to live our lives, and how we want to interact with the world around us.
Where do the things we eat or wear come from? How do we build a sustainable economy? Forget materialism. Place more value in farm to table. Take interest in tracing the roots of ingredients and production processes. These mindsets initiate a shift in perspective.
In addition, in a society where stability such as guaranteed employment for life is heavily sought after, some are now looking to uproot their life in the city and moving to rural areas to “soul-search.”
In a way, this sort of behavior reflects society’s shift in valuing luxury and materialism to valuing social responsibility.

This world-wide trend has its beginning after the economic downturn precipitated by the Lehman Brothers bankruptcy in 2008. Japan has seen a more dramatic shift since the tsunami on 3.11 in 2011.
We learned that hoarding only causes strains on others. We needed to cut down on electronic use to prevent power outages elsewhere. Our donations made their way to help people in need. In these and many other ways, we realized the importance of “connectivity,” and began a shift towards making lifestyle choices that are less self-centered. The tragedy of 3.11 provoked many to rethink their lives and what they value the most.

In a public opinion survey conducted post 3.11, almost 80% expressed that they would like to “value others and bonds more” and that they would like to “help out communities in need and to have compassion.” People have put more weight in their actions and consumer behaviors, realizing that we are all connected and that our choices affect others.

We believe society’s shift in perspective is demanding businesses to shift from mass production and maximizing monetary profit to valuing sustainability and “connectivity.”

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。