TRUNK(HOTEL)TOP

SOCIALIZING

To live true to yourself, without undue pressure,
but with a life-sized social purpose.

TRUNK(LOUNGE)
TRUNK(STAY)
TRUNK(KITCHEN)

MR. TRUNK’S FAVORITE

TRUNK(KITCHEN)

TRUNK(KUSHI)
TRUNK(STORE)

SOCIALIZING CONVENIENCE

TRUNK(STORE)

TRUNK(ONLINE STORE)

BUY 'SOCIALIZING'

TRUNK(ONLINE STORE)

TRUNK(WEDDING)
TRUNK(MEETINGS & EVENTS)

THE POSSIBILITIES ARE INFINITE

TRUNK(MEETINGS & EVENTS)

ABOUT US
TOPICS

DON'T MISS THIS

TOPICS

03-5766-3210
OFFICIAL SNS OF TRUNK(HOTEL)

PRODUCE BY RUNK co.,ltd. RUNK co.,ltd.

TOPICS LIST

2019.06.28Event

TRUNK(HOTEL) × DUBLAB.JP

TRUNK(HOTEL) × DUBLAB.JP

TRUNK(HOTEL) × DUBLAB.JP
Date: 2019.6.28 (Fri)
Time: 19:30 - 23:30

TRUNK(HOTEL)と選曲パートナーとでお送りするラウンジミュージックナイト。
DUBLAB.JPのレジデントDJがフライデナイッを盛り上げます。
 
DJs:
Masaaki Hara
DJ Emerald 
 
原 雅明
編集者を経て、90年代から音楽ジャーナリスト/ライターとして本格的な執筆活動を始める。HEADZの設立と雑誌FADERの創刊などを手がけ、Tortoiseをはじめとする海外アーティストの招聘も手がけてきた。現在は各種音楽雑誌、ライナーノーツ等に寄稿の傍ら、rings(https://www.ringstokyo.com/)のレーベル・プロデューサーを務め、Rei Harakamiの主要アルバムの再発なども手掛ける。また、LAの非営利ネットラジオ局dublabの日本ブランチ dublab.jp(http://dublab.jp/)の運営、選曲、DJを務め、都市や街と音楽との新たなマッチングにも関心を寄せる。 近著『Jazz Thing ジャズという何か——ジャズが追い求めたサウンドをめぐって 』。
Twitter:http://twitter.com/masaakihara
Instagram:http://www.instagram.com/masaakihara

 

DJ Emerald 
ミラーボールの煌めき、陽炎の揺らめき、終わりのある永遠、毎秒が旅のはじまり。 DJ Emeraldは、光と影の間を浮遊するかのようなミックスで都内のクラウドを魅了している。 クラブ、ライブハウス、ホテルラウンジ、ポップアップストア、カフェなど、シーンによりジャンル、ムード、コントラストは様々。 2015年にソウル、2016年にロンドン、パリでもプレイ。 同年、アムステルダム発『Dekmantel Festival』の東京公演に出演。 2017年5月、ヘルシンキ発のアートファッションマガジン『REVS Japan』へ寄稿。 2019年3月より、ロサンゼルスの非営利ネットラジオ『dublab』の日本ブランチ『dublab.jp』にて、自身の番組《In Every Second Dream》をスタート。
Blog:http://djemerald.blog.houyhnhnm.jp
Twitter:http://twitter.com/_djemerald
Instagram:http://www.instagram.com/une_femme_9

TOPICS LIST

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。