TRUNK(HOTEL)TOP

SOCIALIZING

To live true to yourself, without undue pressure,
but with a life-sized social purpose.

TRUNK(LOUNGE)

TRUNKER’S THIRD PLACE

TRUNK(LOUNGE)

TRUNK(STAY)
TRUNK(KITCHEN)
TRUNK(KUSHI)
TRUNK(STORE)

SOCIALIZING CONVENIENCE

TRUNK(STORE)

TRUNK(ONLINE STORE)

BUY 'SOCIALIZING'

TRUNK(ONLINE STORE)

TRUNK(WEDDING)
TRUNK(MEETINGS & EVENTS)

THE POSSIBILITIES ARE INFINITE

TRUNK(MEETINGS & EVENTS)

ABOUT US
TOPICS

DON'T MISS THIS

TOPICS

03-5766-3210
OFFICIAL SNS OF TRUNK(HOTEL)

PRODUCE BY RUNK co.,ltd. RUNK co.,ltd.

TOPICS LIST

2018.10.04Event

PLAY TODAY Inc. × TRUNK(HOTEL)

PLAY TODAY Inc.  × TRUNK(HOTEL)

PLAY TODAY Inc.  × TRUNK(HOTEL)
Date: 2018.10.4 (Thu)
Time: 19:00 - 23:00
Entrance Free!
 
Guest DJs:
Midori Aoyama(EUREKA!)
最高の夏/Awesome summer

 

DJs:
haraguchic
Shun horiki

 

<PROFILE>

・Midori Aoyama(House of Eureka)

東京生まれのDJ、プロデューサー。12年に自身がフロントマンを務めるイベントEureka!が始動。青山Loopでの定期開催を経て13年にはUKからReel People、The Layaboutsを招きelevenにて開催。その後もmodule、Zero、AIRと様々な会場に場所を移しながら、過去にKyodai、Detroit Swindle、Atjazz、Lay-Far、Mad Mats、Session Victimなど気鋭のアーティストの来日を手がけ東京のハウスミュージックシーンにおいて確かな評価を得る。
過去にFuji RockやElectric Daisy Carnival (EDC) などの大型フェスティバルでの出演経験もあり、活躍は日本だけに留まらず、ロンドン、ストックホルム、ソウル、パリなどの都市や、アムステルダムのClaire、スペインはマジョルカのGarito Cafeなどのハウスシーンの名門クラブでもプレイ。
15年にはEureka!もレーベルとして始動。スウェーデンの新興レーベル”Local Talk Records”とコラボレーションし、自身が選曲、ミックスを務めた「Local Talk VS EUREKA! – Our Quality House」を発表。その後も立て続けにEPリリースを手がけ、1st EPに「Crackazat – Coffee Time」、続く2枚目はシカゴの重鎮Jamie 3:26とアムステルダムの俊英Masaloとのコラボ作「Red Light」、そして3枚目にはパリのサンプリングマスターS3AのEPを控えるなどレーベルの活躍も期待が高まる。
現在は新しいインターネットラジオ局Tsubaki FMをローンチし、彼の携わる全ての音楽活動にさらなる発信と深みをもたらしている。 
Midori Aoyama Website
http://midoriaoyama.jp/

TSUBAKI FM
http://tsubakifm.com

 

・最高の夏 / Awesome Summer
大学在住時の2011年よりDJをスタート。音の良さ、気持ちよさ、グルーブを追い求めふと気づくとレコード沼に。寝ても覚めても、24時間365日レコードを考えているレコードジャンキー。気持ちよく踊れるダンスミュージックのためにジャンル、時代を問わず良い音を追求し、街中のリサイクルショップから、レコ屋のエサ箱、フリマからDiscogsまで幅広く探索をし続ける。青山 ZEROでのレギュラーパーティSUNDAY DISCO SESSION「日曜日が待ち遠しい!」を行いながら都内各所のグッドパーティにて毎週末DJ中。

 

・haraguchic
横浜生まれ。宮崎育ち。FreedomSunset Production所属。90年代後半から活動開始。BLACK MUSICを基調としつつも、ジャンルにとらわれず、心のおもむくままにレコードをセレクト。オーガナイザーとしても、音がある場所を"つないでいくこと"を意識し、2008年から約5年間 "communication!"@青山蜂を主宰(現在終了)。その5年間で自身も含めた"communication!"クルーでCarl Craig、KARIZMA、Idjut Boys、SOFTROCKS、OMAR-Sの日本ツアーもサポート、対外的にも積極的に活動している。夏は週末のほとんどを海辺で過ごしており、鎌倉や湘南周辺で出張DJ。音がある場所の可能性を広げていくことで、シーンの発展に貢献しようと日々奮闘中。海好き。山好き。 

 

・shun horiki
鎌倉生まれの転勤族。00年代後半よりDJ活動を開始し、新宿OTO、青山Faiなどの都内の盛り場をはじめ、地元横浜のバーなどで選曲活動をおこなう。
幼少期の移動経験の中で見た、それぞれの場所・空間の持つ特有の”なまり”を選曲のルーツとして意識し、ジャズや民族音楽などの黒い音を中心に様々なジャンルをクロスオーバーする1つの旅のようなDJスタイル。
現在はCafé après-midiでのFridayLounge第2金曜日、Commune2ndでのi niche、TRUNK HOTELでの隔月のラウンジ選曲。2018年夏にはCANTOMA a.k.a Phil Misonの来日ツアー時に石川公演に出演。

TOPICS LIST

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。