TRUNK(HOTEL)TOP

SOCIALIZING

To live true to yourself, without undue pressure,
but with a life-sized social purpose.

TRUNK(LOUNGE)

TRUNKER’S THIRD PLACE

TRUNK(LOUNGE)

TRUNK(STAY)
TRUNK(KITCHEN)
TRUNK(KUSHI)
TRUNK(STORE)

SOCIALIZING CONVENIENCE

TRUNK(STORE)

TRUNK(ONLINE STORE)

BUY 'SOCIALIZING'

TRUNK(ONLINE STORE)

TRUNK(WEDDING)
TRUNK(MEETINGS & EVENTS)

THE POSSIBILITIES ARE INFINITE

TRUNK(MEETINGS & EVENTS)

ABOUT US
TOPICS

DON'T MISS THIS

TOPICS

03-5766-3210
OFFICIAL SNS OF TRUNK(HOTEL)

PRODUCE BY RUNK co.,ltd. RUNK co.,ltd.

TOPICS LIST

2018.04.20Event

2018.4.27 TRUNK(HOTEL) × DUBLAB.JP

2018.4.27 TRUNK(HOTEL) × DUBLAB.JP

TRUNK(HOTEL) × DUBLAB.JP
Date: 2018.4.27 (Fri)
Time: 20:00 - 24:00
TRUNK(HOTEL)と選曲パートナーとでお送りするラウンジミュージックナイト。
DUBLAB.JPのレジデントDJがフライデナイッを盛り上げます。

 

Labrats DJs
・Kei Kobayashi
・Masaaki Hara
・Shigenobu Yamaoka

 

小林径
クラブ黎明期から活躍する東京を代表するSelectorの一人。
90年代は初期レアグルーヴのオ リジネーターとして活躍。
また、アルバム『routine』がドイツ99recordより世界発売、世界中で絶賛される。
2000年代に入るとコンピレーション『Routine Jazz』シリーズが記録的なセールス。
またGiles PeatersonのWORLDWIDEで特集も組まれるなど、高い評価を受ける。
しかし、ここ数年でプレイスタイルが激変。その内容は完全にアヴァンギャルド方向に振り切っている。昨年リリースしたCD『Whole lotta shakin go in on』は一部で「レフトフィールドのペットサウンズ」と形容されるなど、多くの音楽愛好家および音楽関係者の間でも話題になっている。


原 雅明
編集者を経て、90年代から音楽ジャーナリスト/ライターとして本格的な執筆活動を始める。HEADZの設立と雑誌FADERの創刊などを手がけ、Tortoiseをはじめとする海外アーティストの招聘も手がけてきた。現在は各種音楽雑誌、ライナーノーツ等に寄稿の傍ら、rings(http://ringsounds.tumblr.com/)のレーベル・プロデューサーを務め、Rei Harakamiの主要アルバムの再発なども手掛ける。また、LAの非営利ネットラジオ局dublabの日本ブランチ dublab.jp(http://dublab.jp/)の運営も務め、都市や街と音楽との新たなマッチングにも関心を寄せる。 新著『Jazz Thing ジャズという何か——ジャズが追い求めたサウンドをめぐって 』(DU BOOKS) 2018年3月30日刊行。
mortsafe
普段はITベンチャー企業で働く傍ら、夜な夜なDJ/アパレルブランドへの楽曲提供などの活動をしている。
http://www.instagram.com/mortsafe


山岡重信 TRUNK(HOTEL)アートディレクター
1997年FUJI ROCK FESTIVALにてフェスの洗礼に遭い、野外音楽にハマる。1999年に独立後、ERIC HAZE氏に師事しグラフィックを学びジュエリーデザイン、グラフィックデザイン、デコレーションデザインなどを行う傍ら音楽漬けの日々を過ごす。現在は2017年5月にオープンしたTRUNK(HOTEL)のストア、音楽、プロダクトデザインなどを担当

TOPICS LIST

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。